教育コラム 【努力の結果】

エイメイ学院の中学3年生たちは、受験の総本山とも呼ばれる「夏期講習」を乗り越えました。

夏期講習、生徒たちは毎日約6時間の授業に加え、多くの宿題を積み重ねてきました。

ほとんどの生徒が「人生で一番勉強した」期間だったと思います。

そして、本日9月1日の北辰テストが、夏期講習で積み重ねてきた努力の結果を出すテストになります。

毎年、この夏期講習で本格的な受験勉強を始め、大きく成績を伸ばす生徒がおります。しかし、中には数字として結果の現れない生徒もおります。

グラフに示した通り、

努力をすればその分結果が出る、青の線のようになるのが理想ですが、基礎問題以外の応用問題は、積み重ねや経験で結果が出てくるものですので、赤の線のように停滞期が続くことが多いです。

この夏期講習で学習した内容が出題されれば成績が上がりますし、まだ苦手な内容が出題されれば成績が下がることもあります。

そして、今まで学んできた全ての範囲ができるようになるまでは、グラフの横ばいの状態が続きます。(横ばいといっても、教科によって上下があります。)

テスト結果をその都度分析し、苦手を克服していくのがこれからの受験勉強です。

生徒たちの頑張りを見ていると、今回の北辰テストに期待がかかります。

しかし、周りの受験生たちも必死に勉強に取り組んでいますので、「今までよりがんばったから、、、」とすぐに結果がでるほど、甘くないのが受験です。

本気で勉強をして臨むテスト。いい結果が出れば喜びは今までの比ではありません。同様に、結果が出なければ悔しさも大きくなっていきます。

この時期以降、毎年多くの生徒の涙を見てきました。それが、「自分の進路に本気になる」ということだと思っています。

それでも歯を食いしばり、努力を続けることでその積み重ねはいずれ花開くときが来ます。そのときが来るまで辛抱しながら努力し続けることが大切です。

我々はそのときまで、寄り添い励まし、サポートを続けていきます。

-------

9月からは【合格講座】にて夕方の時間もサポートいたします!

これからも何卒よろしくお願い致します。